◎MG RX−78TB−2〔SB〕ガンダム ストーム・ブリンガー フルバーストの完成品です。

◎足の裏のスラスターは市販パーツでディテールアップ。
パネルごとに塗分け。
シリンダー部分はメス側を若干広げ、塗装がはがれないようにしています。
このキットの設計、実はミスがありまして、画像のようには曲がらないんですよね。
なので、つま先で踏ん張れるように、可動範囲を広げました。

◎足のフレーム。
シリンダー部分はマスキングにて塗分け。
膝裏も単調にならないように塗分け。

◎全身フレーム(前)
肘関節も単調にならないように塗分け。

◎全身フレーム(後ろ)
腕のシリンダー風ディテールはマスキングにて塗分け。

◎今回作成にあたり、参考にしたオリジナルの作例。
製作者はデザイナーでもある、NAOKI氏。

◎全身(前)
外装の9割ぐらいにスジ彫りを入れて、情報量アップ。
メタルボール、メタルパイプを要所要所に入れて、ディテールアップ。
1mmぐらいのプラ板でチップディテール追加。

◎全身(横)
デカールはオリジナル作例とほぼ同じ個所に貼っています。

◎全身(後ろ)

◎ビームサーベルはそのままだとおもちゃっぽいので、
根元にホワイトを入れて、グラデしています。
ゲート跡、パーティングラインも丁寧に消しています。

◎シールドはMGジムコマンドから流用。
オリジナル作例にはなかった、スジ彫りを追加。

◎試作型ビームランチャーはMGガンダム4号機から。
グリップはキットの「手」に合うように、変更。

◎センサー部分は市販パーツでディテールアップ。

◎今回製作した作品と、オリジナルの作例。





























































〜製作工程〜

1...パーツチェック
2...仮組み
3...捨てサフ
4...400番→600番→1000番とペーパー掛け(この時点で、エッジのだるいところなど修正します)
5...パーツ洗浄
6...サフ後、各色塗装

〜カラーチャート〜

☆白・・・キャラクターホワイト+クールホワイト
☆青・・・スージーブルー
☆黄・・・ホワイト→GCイエロー2
☆フレーム1・・・てきとう
☆フレーム2・・・メカサフ(ヘヴィ)
☆赤・・・ピンクサフ→モンザレッド
☆黒・・・GCファントムグレー
☆灰・・・ニュートラルグレー
☆黒銀・・・ブラックシルバー
☆赤銀・・・メタルレッド
☆バーニヤ・・・ブラック→メッキシルバー

〜仕上げ〜

1...塗装が終わったら一度全体にスーパークリヤーを吹きつけ。
2...エナメルでスミ入れ。
3...デカール貼り。
貼り付けにはマークセッター&マークソフターを使用。
4...スーパースムースクリヤーでコート。

〜あとがき〜

MG RX−78TB−2〔SB〕ガンダム ストーム・ブリンガー フルバーストの完成品です。

プレミアムバンダイ限定のキットです。
「GHL」というMOOK本にデザイナーでもある、NAOKI氏の作例を見て、「カッコイイ!」
と思い、「よし!自分もマネしよう!」ということで、製作しました。(笑)
とはいえ、NAOKI氏の作例を完コピするのは当然簡単なことではなく、困難を極めました。
ですが、9割ぐらいは再現できたかと思います。
主な改修(改造)点は

◎足の裏のスラスターは市販パーツでディテールアップ。
パネルごとに塗分け。
シリンダー部分はメス側を若干広げ、塗装がはがれないようにしています。
このキットの設計、実はミスがありまして、画像のようには曲がらないんですよね。
なので、つま先で踏ん張れるように、可動範囲を広げました。

◎足のフレーム。
シリンダー部分はマスキングにて塗分け。
膝裏も単調にならないように塗分け。

◎全身フレーム(前)
肘関節も単調にならないように塗分け。

◎全身フレーム(後ろ)
腕のシリンダー風ディテールはマスキングにて塗分け。

◎全身(前)
外装の9割ぐらいにスジ彫りを入れて、情報量アップ。
メタルボール、メタルパイプを要所要所に入れて、ディテールアップ。
1mmぐらいのプラ板でオリジナルの作例には無いチップディテール追加。

◎全身(横)
デカールはオリジナル作例とほぼ同じ個所に貼っています。

◎ビームサーベルはそのままだとおもちゃっぽいので、
根元にホワイトを入れて、グラデしています。
ゲート跡、パーティングラインも丁寧に消しています。

◎シールドはMGジムコマンドから流用。
オリジナル作例にはなかった、スジ彫りを追加。

◎試作型ビームランチャーはMGガンダム4号機から。
グリップはキットの「手」に合うように、変更。

◎ビーム砲の砲口は市販パーツでディテールアップ。

◎オリジナルの作例には無かった、2連ビーム砲は左手用も製作。

塗装はオリジナルの作例では青い部分が紫よりなのですが、好みで本当の青にしました。
デカールは同じものをすべて用意するのは無理なので、せめて同じ個所に似たようなデカールを張り付けています。
ちなみに、GHLに付属していたデカールも使用しています。

ちょっと前のNAOKI氏の作例は、ウェザリングが主流だったのですが、最近の作例は非常に細かいディテール中心みたいです。
私個人的には、かっこよくて好きなのですが、実際マネをしようとすると、エライしんどい目にあいます・・・。
おかげでだいぶ時間がかかってしまった・・・。

2019/04/06 完成